馬主さんの独り言(ばぬしさんのひとりごと)

hnabeq.exblog.jp
ブログトップ

2010年 04月 11日 ( 2 )


2010年 04月 11日

JRAのホームページから皐月賞

今年の3歳世代は、近年稀に見る好素材の優駿が目白押し。
しかも、年明け以降は、おのおのの陣営が別々の前哨戦を選定してきたこともあり、
本番の皐月賞になってようやく一堂が介する興味深いクラシック三冠の開幕となった。

今年の皐月賞で最有力候補と目されるのは
ヴィクトワールピサ(牡3・角居勝彦)。
初戦のメイクデビュー京都(芝1800m)こそローズキングダムの2着に敗れたものの、
昨年暮れのラジオNIKKEI杯2歳Sで重賞初制覇を成し遂げ、
前走の弥生賞を含めて目下4連勝中。
破竹の勢いで本番へと駒を進めてきた。
デビュー戦からのパートナーである武豊騎手が落馬負傷のため、
新たなパートナーに選ばれたのは岩田康誠騎手。
同騎手は、昨年の皐月賞をアンライバルドとのコンビで制しており、
中山・芝2000mの騎乗ポイントは心得たもの。
脚質に幅も増し、前走の弥生賞では重馬場もクリア。
もっとも順調なステップで、一冠奪取に挑む。

朝日杯フューチュリティSを制し、
昨年の2歳チャンピオンに輝いたローズキングダム(牡3・橋口弘次郎)は、
スプリングSから始動。
平均ペースの流れのなか、中団待機から直線で内を突いてゴール前猛追するも3着に敗退。
良馬場発表でも、前日からの雨の影響が残った馬場は、
非力なこの馬には厳しかったようだ。
この中間は、順調に乗り込まれており、メイクデビュー京都(1着)以来となる、
ヴィクトワールピサとの直接対決に向けて、いざ仕切り直し。

スプリングSで、ローズキングダムの4連勝を阻止した新星がアリゼオ(牡3・堀宣行)。
メイクデビュー東京(芝2000m)、オープン特別のホープフルS(中山・芝2000m)を
連勝して臨んだ前々走の共同通信杯は、
折り合いを欠いてハンソデバンドとタイム差なしの3着と惜敗したが、
前走のスプリングSでは二の脚の速さでハナを奪い、
見事な逃走劇で重賞初制覇を達成。心身ともに実が入ってきた一頭で、こちらも勢い十分。

年明けデビューというキャリアや前2走の敗戦により、
前走のスプリングSで10番人気の低評価だったゲシュタルト(牡3・長浜博之)だが、
ローズキングダムの強襲を抑えて2着に食い込み、
皐月賞の優先出走権を獲得した。馬体も絞れ、理想とする造りに近づきつつある。

弥生賞3着のダイワファルコン(牡3・上原博之)は、ここにきて急浮上。
叔父のダイワメジャーもスプリングS3着をステップに皐月賞で素質開花した、
今をときめくスカーレットブーケ一族。管理するのも同じ上原博之調教師で、
ダイワメジャーに続く皐月賞制覇を狙う。

共同通信杯の覇者ハンソデバンド(牡3・尾形充弘)は、レース後ここ一本に目標を絞ってきた。
前走で2着に退けたダノンシャンティは次走で毎日杯を快勝。
3着のアリゼオが次走のスプリングS奪取と、
負かした相手の活躍が共同通信杯を勝ったこの馬の評価をさらに高める結果となった。

エイシンアポロン(牡3・岡田稲男)は、
前々走の朝日杯フューチュリティSがローズキングダムと0秒2差2着。
前走の弥生賞ではヴィクトワールピサの0秒1差2着と、
牡馬重賞戦線を牽引してきた「2強」相手に、小差の接戦を演じた実力馬。
堅実さと自在さを併せ持つレース巧者だけに、今回もまず大崩れは考えにくい。

ラジオNIKKEI杯2歳Sで4着に敗れたヒルノダムール(牡3・昆貢)だが、
次走オープン特別の若駒S(京都・芝2000m)では、
上がり3ハロン33秒1(推定)という瞬発力で他馬を一閃。
続く前走の若葉S(阪神・芝2000m)は、勝ったペルーサの底力に屈したものの、
2分00秒0の好タイムで2着。
持ち時計の比較だけなら、ヴィクトワールピサを上回る。

年明けの京成杯を制したエイシンフラッシュ(牡3・藤原英昭)は、
予定していた若葉Sを回避したものの、
その後の乗り込みは順調。芝2000mは3戦3勝とベストの条件だ。持ち前の息の長い末脚で、一角崩しを狙う。

京成杯3着馬のレッドスパークル(牡3・藤岡健一)は、
続く前走のすみれS(阪神・芝2200m)でオープン特別勝ちを果たし、
勢いを駆ってクラシックに参戦。昨年11月の東京スポーツ杯2歳S(3着)では、
後方から上がり3ハロン33秒6(推定)の末脚を発揮し、
ローズキングダムに0秒3差まで詰め寄った実力馬。
前崩れの展開になれば、その鋭い差し脚は侮れない。

シンザン記念の覇者ガルボ(牡3・清水英克)は、
それまでのレースの疲れを取るため、皐月賞一本に照準を合わせて調整されてきた。
ややマイラー色が強い瞬発力勝負型だけに、同レース2着のシャイン(牡3・川村禎彦)も含め、
初の芝2000m、一気の距離延長が課題となる。

きさらぎ賞の優勝馬ネオヴァンドーム(牡3・藤原英昭)、
同2着馬のレーヴドリアン(牡3・松田博資)はともに、レース後の乗り込みは入念だ。
ただ、1分48秒6という走破タイムやレースラップが少し平凡。
一線級のメンバーとは初対戦となるクラシックの舞台で、
どこまでやれるのか、ここが正念場となる。

メイクデビュー小倉(芝1800m)、オープン特別の野路菊S(阪神・芝1800m)で
鮮烈な2連勝を遂げたリルダヴァル(牡3・池江泰郎)。
約半年ぶりの実戦となった前走の毎日杯では、
折り合いを欠いて3着に敗退。
ひと叩きして大幅な上積みが見込める今回、巻き返しに期待したい。

無傷の3連勝で札幌2歳Sを制したサンディエゴシチー(牡3・作田誠二)は、
4か月も実戦を離れていた影響か、
前走のスプリングS(10着)では馬体がこぢんまりと映った。
休み明けをひと叩きした効果で、馬体の良化が見られれば、
侮れない実力馬だ。
直前の調教の動きと当日の気配に注意したい。

*昨年暮れまでは皐月賞・ダービーと
一番手に届く位置に居た愛馬サンディエドシチー号

脚の皮膚病にかかってから少し調子がおかしくなりました。
ここも一所懸命走ってくれることを期待しましょう!

なにせ(▼д▼)/=馬主さんの愛馬にとっては
初めてのクラッシック参戦です!!

気持ち良く走ってください。
(皐月賞は何度も行っていますが出馬は初めてです)

by hnabeq | 2010-04-11 21:18 | 愛馬 | Comments(0)
2010年 04月 11日

強い 25年ぶりの関東騎手の優勝

一番人気
アパパネ号の優勝です。

そして
蛯名騎手は関東騎手で25年ぶりの桜花賞優勝!!
f0053218_1712353.jpg


彼女の父
キングカメハメハは1着:3着:4着と素晴らしい成績

父もアパパネの馬主さんの種牡馬です。
それに、ディープインパクトの馬主さんでもあります。。。。。

いよいよ18日は皐月賞
サンディエゴシチー号の出馬

パドックで感動して泣き顔にならない様に
気を付けましょう<笑い>

by hnabeq | 2010-04-11 17:12 | ぶつぶつ独り言 | Comments(0)