馬主さんの独り言(ばぬしさんのひとりごと)

hnabeq.exblog.jp
ブログトップ
2006年 02月 12日

水鳥公園

昼から米子に有る水鳥公園に出かけた。
そこは’こはくちょう’が飛来することでマニアには知られている場所である。
家を出る時は日差しも暖かく天気は回復したと思えていたが
県境の長ーィ高速のトンネルを抜けると前が見えないくらいの吹雪。
神戸・なにわナンバーの車がタイヤーチェーンを着けてゆっくり走行している。
4輪スタッドレスかつ4WDの馬主さんVOXYは全く苦にしない
かつ、車の中は快適でライフログで掲載しているクラッシクを流しながら
あさジョールはご機嫌である。

水鳥公園に着くとあられの様な硬い雪に行く手を遮られるかのように激しく降り出した。
丁度駐車場で止めた時ラジオに切替たらシーキングザベストが勝ったと伝えていた。

公園の建物の中で望遠鏡を眺めぎょーさん居る鴨や雁そしてさぎを眺めていた。
やはり’こはくちょう’は何処にも居ない。
群れを成して、早朝から餌場にV字飛行で飛んで行き夕方に帰る習性は
承知の我々の行動であったが少し寂しい気もした。
が、それにも況して沢山の鳥達が出迎えてくれたので時間が直ぐ経過した。

特設スタジオでの’こはくちょう’のビデオを見ながら
オペラシチーの敗北をラジオ短波実況で聞いた。

そうこうしていると太陽が出て雪も止んだ。f0053218_23213180.jpg
公園の外に出て鳥見の桟橋が有るので
そこに歩いて行き目の前で鳥の群を見た。
真近で見るとそれぞれの鳥達の表情の違いや
小競り合いなど見てると時を忘れさせてくれた。

こんなに静かでゆっくりとした時を過ごすのも
たまには善いものだ。

(財)中海水鳥国際交流基金財団
   米子水鳥公園
http://www.yonagomizudorikouen.or.jp/

でも帰りの高速では雪がまた降り出し
’蒜山SA’で休憩をとることにしたが
サービスエリア建物の中は芋の子洗う位の
人・ヒト・ひとである。
日曜夕方はスキー帰り・蟹ツアー等の帰る人が一斉に集うのだ。。。。。。
家で待つさちジョールへの土産のケーキを買い
即車に戻り持参のコーヒーで暖を取りケニーGを聴きながら一路帰宅。
http://www.kennyg.com/

帰るとジョールとドンちゃんが出迎えてくれたが善く見ると
昼間に見た’かもの目’と’しぐさ’が似ていることに気が付いたのは
馬主さんだけであろうか。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

この時点では7Rの万馬券Getしていたことは知らない。

# by hnabeq | 2006-02-12 23:32 | ジョール | Comments(2)
2006年 02月 12日

オペラがなんか変だ

今日は3400mのマラソンレースかつハンデ戦である。
先頭集団で善い位置に哲三が馬群を捌いて進出したのでワクワク聞いていた。
2週目の4コーナまではラジオでオペラシチーの名前は呼ばれていたにもかかわらず
ゴール前になると昨秋より全く呼ばれない。
ミッキーもメジロもトウカイもフサイチそしてハイアーゲームは全てオペラの紐である。
従って、オペラが出てないとBoxで3連複なら確実にGetしている馬券である。
単勝・複勝・馬連・馬単・3連複・3連単 オペラから流しである。

他に2点ダンスインザダークが長距離で何時も来るので
買っていましたがあーあ運が悪くメジロの紐にタテヤマを選択。。。。。。。。

東京競馬場での目黒記念優勝ゴールの感動が今も忘れられないが
ここで数ヶ月休んでガス抜きしてちょ
そしてまた蘇ってなお願いオペラ

朝からこつこつ豆券で儲けたお金をオペラちゃんに注ぎ込んだ。
京都1R 馬連(55倍)・3連複(95倍) 7R 3連複(万馬券) 
あーあ京都以外の回収率はがたがただよー

# by hnabeq | 2006-02-12 22:46 | 愛馬 | Comments(4)
2006年 02月 12日

音楽

ジョールが中々寝ないので
スペシャルウィークの本を一気に読んでしまいました。
飛ぶように走る馬だと善く覚えています。
万馬券も何度も取らせてもらいました。

f0053218_030695.jpg
今年何かを変えようと音楽活動を再開と
密かに思い昨夏から少しずつ指を慣らしてる。
まだまだ調子は戻りませんが
指を動かし刺激することで
脳の老化防止にもなり一石二鳥に成らないかと考えています。
平日は練習なんか不可能ですので
休日馬の予想時間を少し割くのです。
あさジョールとアンサンブルジョイントで
ストリートコンサートでも始めようか???

         1978年製 ハミングバード
             1988年製 USAストラット

# by hnabeq | 2006-02-12 00:33 | ぶつぶつ独り言 | Comments(4)