人気ブログランキング |

馬主さんの独り言(ばぬしさんのひとりごと)

hnabeq.exblog.jp
ブログトップ

2010年 10月 20日 ( 2 )


2010年 10月 20日

Espoir City Settles In at Churchill Downs

Japanese Breeders' Cup Classic Hope
Espoir City Settles In at Churchill Downs


by Gary Yunt | October 19, 2010

ESPOIR CITY SETTLES IN AT CHURCHILL DOWNS
– The Yushun Horse Club’s Japan-based star Espoir City (JPN) arrived at Churchill Downs
early Tuesday morning for a run in the $5 million Breeders’ Cup Classic (GI),
settling in his stall in the quarantine barn at 4:30 a.m. (EDT).
f0053218_2140375.jpg


“It was his first time to travel out of Japan and he handled it well,
” trainer Akio Adachi said through an interpreter.
“All the flights were on time and there were no problems.”

Espoir City flew from Japan to Chicago,
where he changed planes for the short flight to Louisville.

Accompanying Espoir City on the flights was Artiste.
f0053218_2141531.jpg


“It was a long flight and he was his companion,
” Adachi said. “He is a racehorse,
but he will not race here and not train with Espoir City in the morning.”

Espoir City is expected to be in quarantine for 48 hours and
Adachi said the 5-year-old would go to the track for training Thursday morning
“if time permits.”

Jockey Tetsuzo Sato is scheduled to come to Louisville this Friday
for a three-day stay before returning to Japan
to honor a riding commitment and then return to Louisville.

Sato accompanied Adachi to Louisville in July to get a firsthand look at Churchill Downs.
As Adachi watched horses train Tuesday morning,
he was asked how preparations had gone with Espoir City
since the last time he was in Louisville.

“Better than expected,” Adachi said.
“His first race back (from a five-month layoff) was good and he needed that race.”

The two-time Group I winner has compiled a record of 20-11-4-1
for earnings of $5,963,979 with Sato aboard for eight of the victories.

Adachi said he has not committed to giving the horse one or two works prior to the Classic,
scheduled for a 6:45 p.m. post time on Saturday, Nov. 6.
Although it will not be dark for the race, the lights will be on at Churchill Downs.

“The lights are not a concern,” Adachi said.
“The JRA (Japan Racing Association) has lights and he has raced under the lights.”


そして
日本のホームページでは

11月6日チャーチルダウンズ競馬場。

19日・午前4時過ぎに、
チャーチルダウンズ競馬場の検疫厩舎に入りました。

輸送は、シカゴ経由でルイヴィルに到着後、
1時間ほどの行程で競馬場入りしましたが、
馬にとって最小限の負担を考え、
ゆったりとした環境で輸送を行いましたので、
心配していた輸送熱もありませんでした。

また、到着後も飼い食いが良く、
何も問題はありませんでしたので、
午後は軽い引き運動を行いましたがとても元気です。

21日には入国検疫が終了するので、
馬場に入りトレーニングを開始する予定です。

f0053218_213995.jpg

竹垣厩務員もほっとされてます!!
当日はきりっとネクタイ締めてカッコいいんですよね!!


*本当にBCチャレンジするんですね!
夢にも思わなかったことが実現する。
世界最高蜂のレース
ホームページのニュースに載る。

ホントかよって右耳を触ってみた。
冷たい耳たぶは事実を語っていた。

by hnabeq | 2010-10-20 21:34 | 愛馬 | Comments(0)
2010年 10月 20日

決心・・・・・・・・・


10月24日の指定席が取れない状態で
当日AM4:00起きで出発
7:00前に着いて
自由席の良い場所確保の予定

よく考えたら
皐月賞&ダービーも鳥取空港7:00発でしたので
同じように4:30起きて出かけたので問題ない!!

しかし、今回は
日帰りなので
帰りの高速道路の運転が少しきついかも知れない。

それに、京都競馬場を出て高速乗るまでに1時間以上掛かるので
イライラしないように気をつけましょう!!
焦らないで湯郷へ

さて、
そんな中
本日ビニールシートと
少し厚手の敷物をVoxyに積み込みました。

後は
最後の頼み
金曜日の12:30からの
指定席キャンセル待ち

まま、
どちらにしても
4時に起きるか5時に起きるかの差ですから
当日は大いに楽しみたいですね!!



【10月20日 小異を捨て大同につく】
明治維新の立役者は勝海舟と西郷隆盛である。

当時官軍にも幕府側にも戦いを主張する人は少なからずあり、
複雑な情勢であった。

しかし、
勝海舟も西郷隆盛も戦うことを決して軽視はしなかったけれども、
それ以上に、
日本の将来ということを深く考えたわけである。

そういう両者の一致した思いが、
江戸城無血開城を可能にしたのだと思う。

結局、指導者が目先のこと、
枝葉末節にとらわれず、大所高所からものを見、
大局的に判断することがいかに大切かということである。

何が一番大事であり、
何が真に正しいか、
たえず小異を捨て大同につく、
それが指導者としてきわめて大切な心がまえだと思う。

by hnabeq | 2010-10-20 11:30 | ぶつぶつ独り言 | Comments(2)