人気ブログランキング |

馬主さんの独り言(ばぬしさんのひとりごと)

hnabeq.exblog.jp
ブログトップ

2011年 11月 30日 ( 1 )


2011年 11月 30日

変わりが・・・・・・・着た

数年間一緒に居た
レイバンのサングラス
トレードマークでしたが
見つかりません。。。。。。

仕方ないので
これに
しました。

f0053218_21152823.jpg
f0053218_21154277.jpg

(イタリア・LUXOTTICA GROUPの制作協力)

本人には叶わない
f0053218_21182890.jpg



エスポ打倒トランへ文句なし/JCダート
<ジャパンCダート:追い切り>
 南部杯(4着)のリベンジ、打倒トランセンドに燃えるエスポワールシチー(牡6、安達)は、
佐藤騎手を背に栗東坂路で追われた。

単走で4ハロン51秒5-12秒7と、文句なしの好タイムをマーク。
好調時の動きが出てきた。

「だいぶ前進気勢が出てきた。
それが春先は全然なくて中途半端な走りだったけど、しっかりしてきた。
やっと(トランセンドに)向かっていける出来にある。
久々にJRAのG1を取りたい」と佐藤騎手も手ごたえをつかむ。
安達師も「徐々に気合が入ってきて、
(勝った)2年前と遜色ないくらい」と自信を見せた。
f0053218_21274270.jpg

f0053218_21584876.jpg


<ジャパンCダート:追い切り>
 ジャパンCダート(G1、ダート1800メートル、12月4日=阪神)の最終追い切りが30日、
栗東トレセンで行われた。
連覇を目指すトランセンド(牡5、安田隆)は栗東坂路で追われ、
ほぼ馬なりのままで4ハロン52秒6-12秒5。
馬場状態が悪く、「時計は地味だけど内容は完ぺき」と安田師は笑顔をはじけさせた。
 今のトランセンドは充実している。
「この馬は心臓が強くて、見た目ほど体に負担がかからない。
それにカイ食いがいいから疲れが取れるのも早いんです」とトレーナー。
「去年のトランセンドはチャレンジャーだったけど、
この1年の間に王者になったと思う。
ここは取りこぼせない気持ち」と言う。
この秋一番の状態で史上初のジャパンCダート2連覇に向かう。


こちらは
エスポ君の特記事

 失われた栄冠を取り戻すため、
エスポワールシチーが完全復活をかけて2年ぶりにJCダートに乗り込んできた。

 09年春から10年春にかけて、
かしわ記念、マイルCS南部杯、JCダート、フェブラリーS、かしわ記念とGI5連勝を飾った。
無敵の強さを誇ったエスポの歯車が狂い始めたのが、
昨秋に米GIブリーダーズCクラシックに挑戦して10着に敗れてからだった。

 腹痛などで調整が遅れ、復帰戦の交流GIII名古屋大賞典こそ勝ったものの、
交流GIかしわ記念3着、交流GI帝王賞2着と連敗した。
大敗ではなくても、心配されたのは以前の先行力が影を潜めてしまったことだった。
安達調教師が振り返る。

 「落ち着きすぎていましたね。普通ならそれでいいのかもしれませんけど、
この馬は気持ちで走るところがあるので…」

 明るい兆しが見えたのが南部杯。4着と復帰後で最も悪い着順ながら、
ハイペースの逃げを打って見せ場を作った。
その後のGIIIみやこSで完全復調をアピール。
逃げたトウショウフリークの2番手から抜け出し、
最後は3馬身半突き放す圧勝劇で本来の強さを取り戻したことを印象づけた。

 「頑張る気持ちが出てきて、いい頃の感じに戻ってきました。
今なら、(トランセンド、スマートファルコンと)いい勝負ができる」

 佐藤哲騎手もエスポ復活の手応えを得て、以前の笑顔が帰ってきた。
23日の1週前追い切りはCWで6ハロン82秒7を一杯に追われてマークし、態勢は整いつつある。

 注目の逃げ争いは、トランセンドとエスポワールシチーに、トウショウフリークが加わって大激戦になりそう。
エスポとトランセンドはともに控える競馬が可能ながら、
持ち味が最大限に生きるのはやはり逃げで、枠順次第では当然、先手を取りに行くはずだ。

 これぞダート競馬というハイペース必至の今回。
この激流を制してこそ、エスポワールシチーの復活劇は完結する

by hnabeq | 2011-11-30 21:27 | ぶつぶつ独り言 | Comments(4)