人気ブログランキング |

馬主さんの独り言(ばぬしさんのひとりごと)

hnabeq.exblog.jp
ブログトップ

2012年 02月 09日 ( 2 )


2012年 02月 09日

エスポ君 一週間前でも人気者!!

もう
既に
来週の19日が
着たような
錯覚の
ニュース
良い感じですね!!!

【フェブラリーS1週前追い】武&エスポワールシチー 初コンビで手応え
フェブラリーS出走のエスポワールシチー(牡7=安達)の1週前追いで、
新パートナー・武豊がはじめて騎乗した。
坂路単走で時計は
4F53秒2―1F13秒1。
「イメージしていた通り凄く乗りやすい。
頭が良くて良く調教ができている馬だなと思った。
代打のいい仕事をしたい」
と武豊。


【栗東】

 GI5勝馬エスポワールシチーには、
落馬骨折で休養中の佐藤哲騎手に替わり、
武豊騎手が騎乗する。
けさは坂路でそのユタカが跨り、好気配をアピール。
寒さでウッドチップの表面が凍りつき滑るような状態にもかかわらず、
持ったまま4F53秒2、ラスト1F13秒1をマークした。

 「馬なりだったけど、動きはさすが。
イメージしていたとおり、いい馬だよね。
頭が良くて、よく調教されていて、ものすごく乗りやすい。
(中央の)GIで有力馬に乗るのは久しぶりだし、
代打だけど、いい仕事をしたいね」。
フェブラリーS3勝のユタカ
(03年ゴールドアリュール、
06年カネヒキリ、08年ヴァーミリアン)が、1
0年覇者とのコンビでどんなレースを見せるか楽しみだ。

f0053218_2231631.jpg


 エスポワールの追撃を平安Sで封じ込んだヒラボクキングは、
坂路で併せ馬。ラスト1F12秒9の伸びで、チュウワプリンスを3馬身突き放した。
「滑るような馬場だったけど、しっかり反応した。休み明けだった前走に比べ、
1週前の雰囲気はいい」と、藤岡佑騎手の手応えは上々だ。

 JCダート、東京大賞典と連続2着のワンダーアキュートは
CWコースで単走。余力残しで6F82秒5、ラスト1F12秒6。
「乗り込みは順調。少し馬体は増えているけど、
ひと追いごとに引き締まってきている」と佐藤正調教師。

 根岸Sで1番人気5着に終わったダノンカモンは
Pコースで単走。
馬なりに終始し、6F79秒3、ラスト1F11秒0と脚を伸ばした。
「予定どおりにきているし、使ったことで素軽くなってきた」と池江寿調教師。


【エスポと同じく人気者】
明治大学は9日、2012年度一般入試の志願者数が2月9日現在で11万2342人に達し、
3年連続で“志願者数全国1位の大学”になることが確実となったと発表した。
志願者数が10万人を超えるのは6年連続、
11万人を突破したのは3年連続。

 同大は近年、キャンパス整備や新学部の設置などの改革を進めており、
2013年4月には東京都中野区に第4のキャンパスとなる「中野キャンパス」を開校し、
10番目の学部となる新学部「総合数理学部(仮)」などを設置。
また、入試改革では、
2007年度より複数学部が併願可能な全学部統一入試をスタートし、
全国8都市で実施している。

by hnabeq | 2012-02-09 22:26 | ぶつぶつ独り言 | Comments(0)
2012年 02月 09日

珍しいことも有る!!

いつもは
(▼д▼)/ =馬主さん

競馬場へ訪問すると
愛馬達は
逃げるのです。



先週までは
エスポ君しか出ないと
シチーのホームページの
予定になってました。

しかしながら、
昨日
3歳までの近況情報を観ると
えーーーーーーと話しています。

【3歳馬】
エスぺランサシチー 父 フレンチデピュティ (母 マミーブルーⅡ) X9
 2月18日以降の東京競馬
先週のレースでは、
スタート良く好位につき4コーナーから徐々に追い上げをみせましたが、
かわしきれず2着となりました。
石橋騎手は「ダッシュはよかったものの、
もうひとつリズムにのりきれませんでした。
しかし前回よりだいぶ馬体は良くなっていました。」
と話しています。 

ガウディシチー 牡:父 スウェブトオーヴァーボード(母マヤノゴージャス)
2月18日以降の東京競馬
復帰戦にむけ美浦トレセンで軽めの調整をおこなっています。
根本師は「先週はWコースで直線のみ追いました。
頭を上げてしまい、相変わらず気の悪いところをみせ、
少し馬体も重い感じですが、動きはまずまずです。
これから調教を積むうちに良くなるはずです。」
と話しています。

ブライトシチー 牡:父 オレハマッテルゼ(母アミダラ)
2月18日以降の東京競馬
次走にむけ美浦トレセンで調整されています。
松山師は「前走後やや疲労がみえたので、
先週はWコースで軽めに調整しました。
もう少し回復を待ちますが、
今週の様子をみて強めの調教をかけたいと考えています。」
と話しています。

【4歳馬】
ゲルマンシチー 牡:マンハッタンカフェ(フレームオブツゥルース)
2月18日以降の東京競馬
美浦トレセンに帰厩しました。
池上師は「リフレッシュ効果で疲労もとれ、
前向きな面をみせており調子は上向いているようです。
次走は来週の東京戦を目標に調整していく予定です。」
と話しています。

【7歳馬】
エスポワールシチー:父ゴールドアリュール(母 エミネントシチー)
2月19日以降の東京競馬。
この中間も変わりなく調教を進めています。
安達師は「前走後、順調に乗り込まれており、
状態面は問題ありません。
なお、
佐藤騎手が落馬負傷したため、
武豊君に騎乗をお願いしました。
今回は得意のコースなので力のあるところを見せて欲しいと思います」
と話しています。

by hnabeq | 2012-02-09 00:00 | ぶつぶつ独り言 | Comments(2)