人気ブログランキング |

馬主さんの独り言(ばぬしさんのひとりごと)

hnabeq.exblog.jp
ブログトップ

2012年 08月 28日 ( 1 )


2012年 08月 28日

今日は風が強い。。。。。。。

台風15号の影響か???
強い風が吹いています。
お店の宣伝の幟や旗も倒れてます。

どうも
最近変な
いや
異常な天気が多いですね!!

奄美地方は27日、多い所で24時間の雨量が400ミリを超す豪雨となり、
徳之島町と宇検村は同日夜、河川氾濫を警戒して計1065世帯に避難を勧告。
気象庁は午後11時前、
同地方に「これまでに経験したことのないような大雨」になっているとして
土砂災害に厳重警戒を呼びかけた。
台風は28日朝には黄海上に抜けるとみられるが、
九州地方は同日も局地的に大雨となる恐れがある。

いやはや

それとは
全く関係ないですが
キャロの5頭の近況が掲示されてます。
さらには今年の1歳馬の応募も始まりますね!!

リオグランデ 父:ディープインパクト×母:シーズライクリオ
8/28 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。
「この中間も順調に乗り込んでいます。周回コースを中心に、
坂路も1~2日おきに入れるようにしています。
特に大きな問題はありませんが、
厩舎サイドとも相談してもう少し涼しくなるまで乗り込んでいこうという話になっていますので、
そのつもりでじっくり体力をつけていきます。
馬体重は471キロです」
(NFしがらき担当者)

ローガンサファイア 父:ダイワメジャー×母:ダークサファイア
8/28 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。
「先週末こちらに到着後、馬体に異常がないことを確認してから乗り出しています。
ちょっとピリピリするところはありますが、
普段の馬房では非常におとなしいのでいいですね。
こちらではワンクッションという感じですぐに入厩させると聞いていますから、
そのつもりでゆったり動かします」
(NFしがらき担当者)

ラムレット 父:タニノギムレット×母:ピノシェット
8/28 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。
「この中間からは1日おきぐらいに坂路調教も取り入れています。
特に気になるところはなく順調ですし、
目に見えて気性の難しいところもありません。
体調もいいようで活気がありますよ。
馬体重は494キロです」
(NFしがらき担当者)

アケルナル 父:メイショウサムソン×母:マリスターⅡ
8/27 NF早来
馬体の成長は徐々に落ち着いてきているものの、
繋ぎの角度から乗り運動の開始にはもう少し時間をかけて様子を見たほうがいいとの判断で、
引き続きウォーキングマシンでの運動に留めています。
マシン以外にも厩舎周りでじっくりと曳き運動を行うなど、
脚元に負担のかからない程度に動かして、
なるべく馬にストレスを与えないよう工夫をしながら接しています。

ラムーレブルー 父:ダンスインザダーク×母:ブルーラスター
8/27 NF早来
現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、
週3回は屋内周回コースでハロン18秒のキャンター2000m、
週2回は屋内坂路コースでハロン15秒(週1回はハロン16秒)のキャンター1本の調教を行っています。
まだ成長途上の段階ではありますが、
休まず調教を継続することにより徐々に馬体に実が付いてきていることは間違いなく、
坂路コースを登坂していると手綱から伝わる手応えに少しずつ余裕が感じられるようになって来ました。
精神的にも集中力が増しており、
日々成長を実感することが出来ています。


そして
最後のチャンスの友駿3歳軍団
インパクトシチー  牡  奥平 雅士
父ディープインパクト  母エレアシチー
9月16日の中山競馬
美浦トレセンで調整されています。
奥平師は「連戦での疲労もみえ、少し運動量を控えていますが、
歩様や調子には問題無く、あまり心配はいらないでしょう。
未勝利戦ではラストチャンスとなるので、十分に仕上げていきたいと考えています。」
と話しています。

フリーダムシチー  牡  松山 将樹
父アドマイヤマックス  母アスール
9月1日以降の新潟競馬
今週の出走を予定しています。
松山師は「先週は遠征後の疲労を考慮し、ウッドコースで軽めに調整しました。
調子は悪くなくテンションの高さも心配はありませんが、
除外の可能性が高く、なんとか出走できるよう願っています。」
と話しています。

スピカシチー 
 牝  村山明厩舎
父アドマイヤムーン  母ミスザイール
9月4回阪神競馬以降。
アカデミー牧場で状態を見ながら速いところを乗り込んでいます。
場長は「週1回15-15を行いながら調整しています。
中間脚元の骨瘤など一息入りましたがようやく本格的な調教を行えるようになりました。
帰厩については今のところ未定のようですが
このままコンスタントに速いところが行えれば来月には目処が立ちそうです」
と話しています。


f0053218_21443186.jpg
f0053218_21451772.jpg


by hnabeq | 2012-08-28 21:33 | ぶつぶつ独り言 | Comments(0)