人気ブログランキング |

馬主さんの独り言(ばぬしさんのひとりごと)

hnabeq.exblog.jp
ブログトップ

2013年 01月 31日 ( 1 )


2013年 01月 31日

今週は2頭確定 !! 暖かい日ですね。

今週土曜日2月2日
京都競馬場参戦です

ところで
ローガンサファイアの対抗馬スイートメドゥーサ
調教で鼻血を出して放牧です。

キャロ初の口取りが少し近つきました!!


2月2日(土)
京都競馬場
03R レゾンドールシチー 小林徹騎手
ウッドコースで7F 97.8-81.1-66.3-52.4-38.8-12.9のタイムを一杯に計時。
タマモスコーピオン(古馬500万)叩き一杯の内1.5秒先行3F付け0.7秒先着。


10R ローガンサファイア 北村友一騎手
2月2日の京都競馬(エルフィンS・牝馬限定・芝1600m)に北村友騎手で出走いたします。
*口取り当たれば好いのですが!!

2月3日(日)
東京競馬場
04R フリーダムシチー 草野騎手
ダートコースで6F 84.9-69.9-55.0-40.8-13.3のタイムを馬なりに計時。


さて次の週はこちらです!!
ハドソンシチー  牡  佐々木晶三厩舎
父マンハッタンカフェ  母イソノフォーティ
2月10日以降の京都競馬。
先週、トレセンに帰厩しました。
佐々木師は「早々にトレセンで乗り込んで状態を確認しましたが放牧前に比べ動きがしっかりとしていました。
体のほうも450キロと牧場にいる時より絞れていますがいい雰囲気です。
気性面ついては今のところ気難しいところは見せておらず、落ち着いています。
出走については状態を見て決めますが、
来週の芝1400m戦を目標に進めていきたいと考えています」と話しています。


キャロの3歳馬の情です!
いよいよ春になり
忙しくなりますね!!
リオグランデ 父:ディープインパクト×母:シーズライクリオ
30日、31日は軽めの調整を行いました。
「この中間も軽めに乗って順調に調整できています。レースの疲れ自体は感じませんが、
やや馬体は減っていますので、今週いっぱいは軽めに留めて馬体の回復に努め、
来週あたりからペースを上げていきたいと思います。
今のところ4週目の芝1600mを予定していますが、
体調さえ整えていけばいいデキで出走できるでしょう」(岡田師)
2月16日の京都競馬(3歳未勝利・芝1600m)に川田騎手で出走を予定しています。

ラムレット 父:タニノギムレット×母:ピノシェット 
30日は軽めの調整を行いました。
31日は栗東坂路で追い切りました(57秒4-40秒6-26秒3-13秒2)。
「今朝は坂路で併せて追い切りました。ラムレットが先行する形だったのですが、
相手がちょっと離れてついてきたので、それを待つ感じになってしまって、
全体の時計は思ったよりも遅くなってしまいました。
ただ、見た目に手応えが抜群でしたし、動きは良かったですよ。
まだ節々が緩い感じはするのですが、歩様自体はスムーズで、順調に調整することができています。
除外も想定して、4週目の芝1600m戦に投票する予定です」(岡田師)
2月17日の京都競馬(3歳新馬・芝1600m)に鮫島騎手で出走を予定しています。

そして2歳馬は!!
オールザウェイベイビーの11 父:ディープインパクト×母:オールザウェイベイビー
この中間も順調に調整を積んでいます。
現在は周回ダートコースで2000mのスローキャンター調整を中心に、
週3回900m屋内坂路コースをハロン17秒で1本元気に登坂しています。
正月休み明け後も体型は相変わらずスッキリしています。
まだ線の細さが目立つ印象なのでもう少し幅が出てくれれば言うことはないでしょう。
徐々に調教負荷を高めていますが、動きはさすが良血馬と言わんばかりでキラリと光るものがあります。
今後も日々しっかり調整を進めていきます。

マンハッタンの11 父:ダイワメジャー×母:マンハッタン
この中間も順調に調整を積んでいます。
現在は週3回900m屋内坂路コースをハロン17秒のキャンターで元気に2本登坂しており、
週3日は軽めの調整メニューをこなしています。
相変わらず坂路コースでの動きには目を見張るものがあり、
乗り込みの効果で馬体も順調に良化してきてくれています。
成長は想定内ですし、
更なる調教のペースアップによって良い状態で早めのデビューができるように今後も日々鍛え上げていきたいと思います。

タンザナイトの11 父:*クロフネ×母:タンザナイト
この中間も順調に調整を積んでいます。
現在は週3回900m屋内坂路コースをハロン16~17秒で1本元気に登坂しており、
週3日は軽めの調整メニューをこなしています。
正月休み前と比べても一段と元気が増しており、坂路コース登坂時の動きも良化が目立ちます。
ここまで不安なく順調に乗り込みを重ねていることからもわかるように
今後の更なるペースアップにより大きな成長が期待できそうな雰囲気です。

エンシェントヒルの11 父:スペシャルウィーク×母:エンシェントヒル
この中間も順調に調整を積んでいます。
現在は週3回900m屋内坂路コースをハロン16秒のキャンターで元気に1本登坂しており、
週3日は軽めの調整メニューをこなしています。
状態面に問題がないことから調教負荷を高めて乗り込みを進めていますが、
堪えることもなくここまで一切不安はありません。
また坂路コース登坂時の走りには安定感がありますので、
今後もどんどん調整を進めていくことができそうな雰囲気です。

by hnabeq | 2013-01-31 21:44 | 愛馬 | Comments(4)